目の病気

目の仕組み4png.png

目について

私たちが得る情報の約8割は視覚によるものと考えられています。目から入る光は、目の表面にあり眼球を保護するとともにレンズの役割も果たす角膜、光量を調整する瞳孔、ピントを合わせるレンズである水晶体を通して、目の奥にある網膜に届きます。網膜で光が電気信号に変わり視神経に送られ、脳に視覚情報が伝わることによって、私たちはモノを見ることができます。

網膜の中心には、文字を読んだりモノを詳細に見たりといった視力に重要な役割を果たす黄斑という部分があります。網膜には、主に明るい所で働き、色を感じることが出来る錐体(すいたい)細胞と、色を感じることは出来ませんが暗い所でもわずかな光を捉える光感度が高い杆体(かんたい)細胞という光受容体があり、黄斑の中心になるほど錐体細胞が多く分布しています。明るくしないとモノが見えにくいというのは、網膜がこのような構造になっているからです。

網膜の外側を覆うのが網膜色素上皮で、網膜内に入る余分な光を吸収し、散乱を防ぐなどの働きがあります。

こうした働きを損なう目の病気は、遺伝や糖尿病などの目に障害を伴う各種疾患および加齢など様々な原因で生じ、失明につながる場合も少なくないため、それを治療するための新薬や技術の開発が世界的に進められています。