ビジョン

窪田製薬ホールディングスは、世界中で眼疾患に悩む皆さまの視力維持と回復に貢献することを目的に、イノベーションをさまざまな医薬品・医療機器の開発および実用化に繋げてまいります。

成長戦略:眼科領域における革新的なポートフォリオの構築

開発品パイプライン:

  • 糖尿病網膜症、スターガルト病および中期加齢黄斑変性の治療薬候補「エミクススタト塩酸塩」
  • 白内障、老視(老眼)に対する非侵襲的な薬物療法「ラノステロール」
  • 網膜色素変性に対する遺伝子療法「オプトジェネティクス」

新規開発:

  • 眼科領域に特化した、企業とのパートナリングおよびイン・ライセンス
  • 眼科領域におけるアンメット・メディカル・ニーズへの対応に向けた研究開発体制強化

企業体制:

  • 研究開発はシアトルに拠点を置く子会社のアキュセラが中心に、当社は国内におけるIR活動の強化と国内外における共同研究開発などの機会創出を推進
  • photo
  • photo
  • photo

経営方針

  • 最先端のサイエンスにより、有効な治療法がない眼疾患に医療革新をもたらす
  • 社会に価値を生み出す企業であり続ける
  • 最先端の科学技術を生み出す職場環境を構築、そして、その職場で働く社員の生活向上を目指す